12/21
長い間つかってるセキュリティートークンなんですが、最近はボタンの反応が悪く、何度か押してようやく数字が表示されるような状態。

数字を入力後も、以前はもう一度ボタンを押して数字をわざわざ消していたんですけど、最近は消すにもなかなか消えず面倒くさくなって放置で消すようになったり。

ボタンの反応が悪いということは、電池の残量も残りわずかということなんでしょうか。それとも無関係なんですかね。用語辞典によると、電池の寿命が少なくなると「bAtt 09」という警告の表示が出るそうです。

なので、警告が出るまで粘るつもりだったんですけど、最近のボタンポチポチのストレスがたまりにたまってきたので、重い腰を上げてトークンを交換することにしましたよい。

後継のトークンは、以前は電池が切れたら新しい2台目のセキュリティトークンを購入しようと思ってました。

んがっ、少し前にアプリ型のソフトウェアトークンを実際に見せてもらう機会があったので見せてもらったところ、思ったよりも簡単にワンタイムパスワードが表示されるんですなアレ。

ホーム画面からアイコンポチッでワンタイムパスワードがスッと出てきます。ログインするなりなんなりでもうちょい面倒なもんだと思ってました。

これならキーホルダー型と比べてもそれほど面倒じゃなさそう。ってことで、今回はソフトウェアトークンを試してみることにしましたよい。

んで、そのためにまずは現在使っているセキュリティートークンを解除です。そして解除後、なんとなくそのままFF11にログインしてみたんですけど…。

うーん、ワンタイムパスワードを入れなくて済むってスゴイ楽ですな!これは快適です。

しかも僕はサッチェルに釣られてセキュリティトークンを導入したクチでしたが、解除しても別にサッチェルが使えなくなるってことは無いようです。

コレもうこのままでもいいんじゃないですかね?ログインすごいラクですし。

とか思っちゃったんですけど、アカウントハックをされたときの補償についてはちょっと気になるんですよね。

たしかセキュリティートークン利用者はデータの復元は無制限だったと思うんですけど、非利用者は1回だったっけ?と一応サポセンを調べてみると

ff2967.jpg

どうやら一回だけの模様。

いや、逆に言えば一回アカウントハックされてからトークン導入しても間に合うってことなんですかね。こ、これは迷いますよ!

いやしかし補償でどこまでまき戻るかも分からないし、ハッキングされたらなんとも気分が悪いし、サポセンの連絡は面倒だろうし、でもそもそも僕がハッキングされるとは限らないし、ワンタイムパス無しでログインは楽だし…ウーンウーン。

と、悩みに悩んだんですけど、結果から言うと、ソフトウェアトークン導入しましたよい。やはりノーガード戦法は怖いです。

ワンタイムパス無しというワケには行きませんでしたが、それでも以前のボタンポチポチポチポチよりはずいぶんマシになったので、これはこれで助かりますな。

これでセキュリティトークンはお役御免です。長年使って愛着もありますしなんだか捨てるのも抵抗あるので、なにかのキーホルダーにでもして余生を過ごしてもらいますかね。

12/24 |吟遊詩人| Trackback(0) | Comments(0)
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Recent Entries
Archives
Other Links
Search
Search this site.

FC2Ad

/