7/23
本日はイオニック活動。テレスの初討伐に行ってきました。

構成は剣ナ白学風 学風風黒黒黒 の11人で僕は風です。

作戦としてはダメージソースはいつものデス回し。風水は盾風はヴェックス アトゥーン、黒風はデスを回しやすいようにエントラストヘイストをしつつ、マレーズ フォーカス/ランゴール アトゥーン。

注意しなければいけないのは、やっぱり敵の特殊技です。HPが80%60%…と段階ごとにSPアビを使ってくるそうです。

ソウルボイスが静寂フィールドと魅了。役に立たない黒PTはフィールド外に避難。盾が魅了されてこちらに来た場合に備えて自己強化。盾は2名なので魅了されてないほうががんばる。静寂フィールド内でのダメージはテンポラリで回復。

魔力の泉が魔防ダウンフィールド。これはまぁボーナスステージ的なアレです。

一番注意すべきだったのはインビンシブル。ディアフィールドでHPが300とか削られる模様。範囲リジェネで一応対策。黒PTは一目散に範囲外に避難、盾PTの白にケアル。盾PT白は盾風の回復をがんばる。

後はクラーサクコールとかいう範囲大ダメージ+自己強化たくさんの技も使ってくるので、段差で被害を少なくしつつ、強化は即ディスペルで全消ししてしまいます。フラズルが入ってると魔回避アップが無効化されるらしいので、とりあえず常時入れておきます。

そんなカンジでゴーです。

Teles

まぁわりとサクサク削れますし、事故もなく、これは楽勝かしら?と思った矢先のインビンシブルでした。半端じゃないスリップダメージが僕らを襲いますよ!

いやまぁたくさん削られるってのは分かっていたんですけど、聞いただけなのと実際体験するのとではね?そりゃもうすんごい削られるワケです。

そしておそらく僕以外も鼻ほじモードになっていたんでしょう。逃げ遅れた黒PTはバタバタと死亡しまして、これはもう修復不可能ってカンジになりました。

なので撤収です。

ff2199.jpg

んで2回目です。

ディアスリップの恐ろしさを胸に刻み込んだ我々は、ゴキジェットから逃れるGの如くのスピードでフィールドから逃げることに成功。順調にテレスさんを削っていくことが出来ました。

残り10%辺りでSPアビを惜しげもなく連発してくるモードに突入します。なのでその直前にボルスター風水で強化されたメルトンと計でスリップを入れつつ、とにかく頑張ります。

そしてSPアビ連発モードに入って、こちとらはPTが半壊してしまうんですけど、とにかくメルトン計の威力がSUGOI!

前半でこちらが苦戦したスリップで意趣返ししてやるようなアレで、見事に削り倒してやりました。

ff2200.jpg

ドロップはこんなんです。

テレス ドロップ

セイレーンタイプのモンスターだけに、詩人に関わるような装備をドロップ。

フリロだったんですけど誰も要らなかったのか、サンゴマは僕以外ロットしませんでした。

グラフィックは独自グラなのかしらん。

ff2202.jpg

しかしまぁ貰っておいてなんですが、なんともパッとしない短剣な雰囲気ですなあ。

リフレやFC、歌唱スキル目的ならカーリがあるし

ff2203.jpg

殴り目的ならタミングサリがある

ff2204.jpg

詩人としては絶対に取らねば!と言いたくなるような一品だと嬉しかったんですけどねえ。せっかくの専用装備なんですから。

なんとも微妙な一品。詩人の現在の立ち位置のようです。

07/29 |ギアスフェット| Trackback(0) | Comments(0)
関連タグ | イオニックウェポン | 吟遊詩人 |
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Recent Entries
Archives
Links
リンクありがとうございます
更新順TOP5
Powered By 画RSS
Links2
FF11のアンテナから
更新順TOP15 Powered By 我RSS
TB_People FFXI
Search
Search this site.

FC2Ad

/