11/15
今日も醴泉島ギアスフェットです。

今回は獣PTが組めたので、ナ獣獣獣白風でStep1の未攻略NMなんかもやってみました。

ってことでベルフェゴール氏。

ベルフェゴール

いかにも魔法が効かなそうで物理に弱そうな外見です。ってことで、風水はヴェックスとフレイルで後はバッタさんがシュババババ!

次は魔法が効かなそうパート2。ソウルフレア族のテルーモス氏。

テルーモス

こちらもヴェックスをしておけば大体なんとかなるので、後はバッタさんが料理するだけで終わります。

いつも思うんですけど、ヴェックスって強すぎませんかね。いやらしい攻撃をする敵に対して、ヴェックスの有り無しで難易度はずいぶん変わりそうです。

次は分身トンベリのモーブリストゴンベリーさん。

モーブリストゴンベリー

分身しても、気にせずバッタさんでシュバババ!であっさり勝利です。初挑戦では分身に絶望を感じたりしましたが、分身自体はHPは少ないようです。

こんなんでました。

ビグラッジリング

ランカーマントやカラーと同じなら、怨み最大で被ダメージ+10%、クリティカルヒット+5%になるんですかね。でもランカーリングじゃないんですな。

次はズハック氏。

ズハック

いかにも回避高そうなんで、トーパーしつつフレイルしてたんですけど、範囲痛すぎですな。属性攻撃ならヴェックスにしておけばよかったのかも。

そもそも獣PTより黒PTのがラクっぽい雰囲気です。次の機会があれば黒PTも試してみたいですな。

んで、ここからが本番というか、とりあえずフラグ目当て。連戦する気はさらさらのないミミック野郎のゴールデンキストとのリベンジマッチであります。

SPアビを使ってゴリ押ししようと決めて戦闘開始。

んがっ、いきなり範囲スタンで何も出来ないうちに獣さんが一人死亡。そんなとんでもない開幕からでしたが、焦らず騒がずゴリゴリゴリ押しでなんとか勝利です。

ff1859.jpg

こんなんでました。

バロラスグリーブ

とりあえず僕の欲しい装備がクソミミックから出ないことを祈るばかりです。

そしてボルスターの効果時間が残ってるうちに、更にもう1匹ゴリ押ししたいNMがいました。

Step1最後の1匹、オリックスです。

オリックスといってもピンクの牝牛なんかではなく、ただのモノセロス族です。羅盤を置くと暴れ出すとかなんとか、そういう噂を聞いております。強すぎる風水対策なんですかね。


しかしそんなの関係ないぜ!ってことで、衰弱メンがいるにも関わらず戦闘開始です。

オリックス

情報通りにウロウロ動くので、とりあえず一番入れておきたいフレイルはインデで、後は適当にヴェックスやウィルトをジオで置き直したりしながら戦闘。

んで、なんやかんやで勝利です。勝てはしましたけど、あんまり戦いたくない部類のNMですな。同じStep1でも強さにかなりのバラつきがありますな。

こんなんでました。

ヘルクリアヘルム

よく分かりませんがなかなか良さそうな気がします。

そんなカンジでギアス連戦終了。これでStep1は全部しばいたことになります。次からはStep2もやってみたいなあと思いつつも、次のトリガーはインカージョンの箱が必要らしいですな。超ダルそうです。

ちなみにギアス終了後定例のオグメタイムで、マーリン装備はこんなカンジになりました。

マーリン装束 オグメ

ようやく魔攻30超えなんかも出始めましたが、やはり特殊プロパティが付いてないとイマイチですな。戦いはまだまだ続きそうです。

11/16 |ギアスフェット| Trackback(0) | Comments(0)
関連タグ | 装備 | オグメ | 風水士 |
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Recent Entries
Archives
Links
リンクありがとうございます
更新順TOP5
Powered By 画RSS
Links2
FF11のアンテナから
更新順TOP15 Powered By 我RSS
Other Links
Search
Search this site.

FC2Ad

/