2/18
アンバスケード1章とてむずしてました。

ff2578.jpg

だいたい盾前前白詩○で勝てるといったカンジです。○は召風コからお好みで。今日は剣忍踊白詩コで僕は詩人。

とりあえず支援をガッツリかけて前衛で削っていくスタイルは9月の1章マムージャを思い出します。あちらは微塵やらオーラ消しやら大変でしたけど、今回は属性ダメージを与え過ぎないのを気を付ければいいだけなので、あれよりはだいぶラクですな。

ただ今回はアムネジアが大変ダルかったんですよね。でもバファイラ、バアムネジラ、耐火カロル第二楽章までやると、結構アムネジアはレジってくれるっぽいので、ずいぶんラクチンになりました。

とはいえほんとにレジってるのか、プラシーボではないのか?といつも不安になるので、ちょくちょく前衛さんにアムネ レジってる?と聞いてはウザがられております。

ちなみに戦闘前にダミー4曲かけてから、ナイチントルバでマルカート栄典、凱旋マーチ、耐火カロル二章、スケルツォを掛けてます。後衛はバラバラバラスケ。

普段はそういうのは戦闘中にやったりするんですけど、範囲キツいしアムネジアの危険もありますからねえ。若干面倒なんですけど、先に掛けさせてもらってます。

そんなカンジで本日終了。

ff2579.jpg

今回は金策も兼ねてガンガン突入したいと思います。

02/21 |アンバスケード| Trackback(0) | Comments(0)
関連タグ | 吟遊詩人 |
2/16-2
アンバスケードのポイントもずいぶん貯まったので、累計ポイントのマルクィ装束を全部貰ってきました。

マルクィ装束

もぎヴァナまとめによると、
プロパティ「魔攻+」の値は、同じアイテムレベル帯の装備と比べて控えめですが、
プロパティ「魔法ダメージ+」の値が高いため、低位の精霊魔法などを連続して使用する場合などに有効な装備になっています。

プロパティ「精霊魔法の詠唱時間短縮」も付いているので、状況に応じて既存の装備と組みわせて使うのもオススメです。

だそうです。

精霊魔法の詠唱時間短縮なんてものは、着替えでどうでもなるのでDOでもEんですけど、魔法ダメージ+は気になります。

黒で参加時にはMBはもちろん、手が空いてるときはII系をシコシコ撃つことも多いんですよね。なので新装備がそれなりに使えるようなら使わざるを得ません。

とはいえそこそこのオグメを付けたマーリン装束が、II系とはいえマルクィ装束に負けるとは思えないんですよね。魔攻こそパワーです。

っていうか、ぶっちゃけるとアレです。II系用に5つも装備を持ち歩くとなれば、ずいぶん鞄の空きが減っちゃうんですよね。頼む!ウンコ性能であってくれ!っていうのが本音だったりします。

ってことで、とりあえずフルマルクィ装束と今の精霊装備で簡単に比較してきました。

今の精霊装備がコレ。

マーリンオグメ

的になるのはエヌティエルのHPの近くにいる白いミミズみたいなアレです。

上がマーリンその他。下がマルクィです。

マーリン マルクィ 比較

…よっしゃ!マーリンのが強い!

どうやらマルクィ装束はモグの預り帳行きのようです。鞄の平和は守られました。

もしかしたら敵によっては、INT差やらなんやかんやで逆転する可能性もあるんですかね?仮にそうであったとしても、もう見なかったことにして封印しましょう。そうしましょう。

足は被ダメMP変換がキラリと光るので、そのうち引っ張り出してくることもあるかもしれません。

02/19 |アンバスケード| Trackback(0) | Comments(0)
関連タグ | 黒魔道士 | 装備 |
2/14-2
オーメンの後はアンバスケード1章とてむずに行ってきました。

ff2571.jpg

構成は剣青忍○白詩で僕は詩人。○のところはコだったり風だったり召喚だったり色々変えてもらって、どれがラクチンか試したり。

まぁ結局のところ甲乙つけがたいですな。どれでもいいとも言えます。安定性ならミュインララバイや大地の鎧のある召喚。力こそパワー!なら風水でもコでも好きなほうでってカンジですか。

アタッカーは忍者さんだと範囲アムネジアの特殊技を空蝉に避けられるので良いカンジらしいです。じゃあ青さんもサポ忍なら!と試してもらったんですが、サポ忍程度だと蝉の張替ばかりになって、殴るヒマもない状況になるみたいでダメっぽかったです。

そんなカンジで連戦。戦闘時間はやっぱり10分前後。10分切れたら今回早かった、10分切れなかったら今回遅かったな、とかそんなカンジですな。

戦闘後のアンバスケード大典取りは、マリアミ#2からインカージョンの入口までの間にいるヴェルクで稼いでます。

たまに枯れてたりするんですけど、そういう時はインカージョンの中で稼げばいいっぽいです。

ってことで、一度試してみるかな?と入口で話しかけたんですがうぼあああああああああああああ!!!

ff2572.jpg

フラグを献上してCLを上げてしまいましたよ!久々なもんで突入方法が話かけるんじゃなくて、入口をタゲるってことをすっかり忘れていて連打してしまいました!

これで中のCLはひとつ上がって狩りにくくなるわ、中のワープも全部消えるのでヴェルク群生ゾーンにワープできなくなるわでいいことが一つもありません。やってしまいましたなあ。

まぁインカージョン内でだいじ取りするときは、他メンにやってもらったらいいんですけどね。こういう時こそ「最終確認です!」が欲しいですな。

んでその後もシコシコとアンバスケード。累計20000点まであと少しになりました。

ff2573.jpg

焼印も使ってません。激ムズのアンバスケードが来た時に備えて、このまま貯めておけそうです。

今月は前衛PTでオーメンをやった後に、そのままちょろっとアンバスケードに行けるので、結構稼げそうなヨカンです。

02/17 |アンバスケード| Trackback(0) | Comments(0)
2/12-2
ちょろちょろとアンバスケード1章とてむずをやっとります。

ff2567.jpg

いつもならじっくりと様子を見てからの突入となることが多いんですが、今月はワリと早くからの突入となりました。今回ワリと簡単ぽいですな。比較対象が先月先々月ですけど。

まだ詳しいことはよく分からないんですけど、とりあえず魔道士タイプのお供を先にしばいて、次にボス。その後にお供2匹といったカンジの順番で倒してます。

もぎヴァナではダメージを当てすぎると云々言ってましたが、どうやら一度に属性ダメージが一定量を超えるとボスがレベルアップするようなギミックなんですかね。前衛PTでも究極連携はNGっぽい。

構成は盾前前白詩○、○に風や召やコを入れたりしながらどれがラクチンか試してる段階です。エールなんかを聞くと精霊PT募集もあったりと、先月先々月に比べると構成も緩くなってる雰囲気ですな。

しかし以前も日記に書きましたけど、もぎヴァナで、松井Pが「あんまり緩いぜ!ヌルいぜ!みたいな煽りが多いと次のアンバスが難しくなっちゃったりするんで、その辺は気を付けていただければ(ニッコリ)」と言っていましたし、発言には気を付けねばいけません。

まぁ気を抜けば範囲ダメージであっさり死んだりしますし、戦闘時間も10分前後ですかね。先月先々月に比べれば縛りがヌルいというだけで、1章とてむずの難易度としてはこれくらいがちょうどいいんじゃないかと思います。

もう少し日数が経って、攻略法が確立されていけば緩いぜヌルいぜ!と言いかねない可能性もないこたないですが、お口チャックマンでいきたいと思います。

02/14 |アンバスケード| Trackback(0) | Comments(2)
次のページ
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Links
リンクありがとうございます
更新順TOP5
Powered By 画RSS
Links2
FF11のアンテナから
更新順TOP15 Powered By 我RSS
TB_People FFXI
Search
Search this site.