2/18
アンバスケード1章とてむずしてました。

ff2578.jpg

だいたい盾前前白詩○で勝てるといったカンジです。○は召風コからお好みで。今日は剣忍踊白詩コで僕は詩人。

とりあえず支援をガッツリかけて前衛で削っていくスタイルは9月の1章マムージャを思い出します。あちらは微塵やらオーラ消しやら大変でしたけど、今回は属性ダメージを与え過ぎないのを気を付ければいいだけなので、あれよりはだいぶラクですな。

ただ今回はアムネジアが大変ダルかったんですよね。でもバファイラ、バアムネジラ、耐火カロル第二楽章までやると、結構アムネジアはレジってくれるっぽいので、ずいぶんラクチンになりました。

とはいえほんとにレジってるのか、プラシーボではないのか?といつも不安になるので、ちょくちょく前衛さんにアムネ レジってる?と聞いてはウザがられております。

ちなみに戦闘前にダミー4曲かけてから、ナイチントルバでマルカート栄典、凱旋マーチ、耐火カロル二章、スケルツォを掛けてます。後衛はバラバラバラスケ。

普段はそういうのは戦闘中にやったりするんですけど、範囲キツいしアムネジアの危険もありますからねえ。若干面倒なんですけど、先に掛けさせてもらってます。

そんなカンジで本日終了。

ff2579.jpg

今回は金策も兼ねてガンガン突入したいと思います。

02/21 |アンバスケード| Trackback(0) | Comments(0)
関連タグ | 吟遊詩人 |
2/17
昨今の戦闘バランスについて
Salalaruru

バトルバランスに関するご意見をありがとうございます。

2月10日(金)のバージョンアップ以降、
活発にディスカッションをしていただいていましたため、
個別に返答して水を差さないよう回答を控えておりましたが、
ご意見がある程度揃ってきましたので、ここでいくつかの項目について回答します。

以下、回答を分けてお届けします。

もぎヴァナまとめの時にも触れてましたし、もう開発さんが今回のバトルバランス調整について語ることはないかな?と思ってたんですけど、更にコメントが届いてました。なのでとりあえず感想なんかを。

現状のバトルバランスは想定どおりなのか?

今回調整した項目については、想定したとおりのバトルバランスになっています。
ただし、調整した項目ではないギミック部分への対処方法の兼ね合いで、
高コンテンツレベルの一部のモンスターの難度が
高くなっていることを認識しています。こちらは調整予定です。

開発の想定通りなのかどうかってのが、なによりも気になっていたんですけど、どうやら想定通りらしいですな。

一部のモンスターを今後調整予定ならそれは想定外じゃないの?とか思わなくもないんですけど、揚げ足取りはこの際どうでもいいですなフヘヘ。

前にも言った気がしますけど、一気に全モンスター調整って大変そうですしね。とりあえずざっと調整してユーザーの声を聞きながらヤバいのは調整するってのを想定してたのかもしれません。なんにせよ調整してくれるというなら素直に喜びたいです。

どのモンスターを調整予定なのか気になりますけどね。それを教えてくれればありがたいんですけどねえ。

先に修正予定NMが分かっていれば、気長にやってるイオニック活動で調整予定外のだけ先にやって、後は修正待ちなんてのもアリだと思います。

んが、そもそも高コンテンツレベルの一部のモンスターとは言ってますけど、イオニックNMとは限らないんですよね。マスタートライアルのことだったりして。やっぱりチラっとだけでも教えてホスイ…!

調整前と同じ編成で挑んだら厳しくなっていた

これまでのバランスでは風水魔法の効果によって魔法命中/魔法回避に関連する項目が
キャップ(いわゆる魔法命中95%/魔法回避95%と呼ばれるものです)まで
引き上げられていたため、その状況と比べると厳しくなるのは確かです。

とはいえ、これまでの風水魔法の制御による魔法命中/魔法回避に頼る戦術が
主流であることを鑑みると、風水魔法の調整のみでは非常に厳しい状況になりますので、風水魔法の効果値を引き下げるだけではなく、モンスター側の調整として戦闘スキル/魔法スキル/魔法回避を引き下げています。

では、この状況で風水魔法を使用した場合、魔法命中/魔法回避が以前と同じ水準まで担保されているかと言えばそうではありません。

以前のバランスは、意図しない風水魔法の効果値によって生じた
“風水士のみで安定性を確保できる歪なもの”でしたので、
魔法命中に関しては装備品によるブーストが必要となり、魔法回避に関してはこれまでのように全耐性に対して完封することを想定していません。

あんまり言いたくはないんですけど、“風水士のみで安定性を確保できる歪なもの”を、今まで放置していたのは開発側だということだけは忘れないで欲しいですな。そしてその歪なもの前提でバランス調整していたというのも、ちょっとありえないと思います。

すぐに修正されていればマーチ祭りマズルカ祭りみたいにちょっとした祭りで済ませられたんですけどね。放置してもネタで済まされる不具合は甲虫の前脚だけです。

バトルバランスが調整前後で乖離している

以前お知らせした、「調整後のバフ/デバフを駆使した際、モンスターとの
戦力差が現状と乖離しすぎないバランスになる。」というのは、
これまでと同じ装備品/編成での討伐を保証するものではなく、
風水魔法の効果値の引き下げ分とモンスターのステータスの引き下げ分との
差分を別の手段(例えば装備品でのブーストや、これまでとは異なる魔法の使用など)
で補うことで埋められる保証をします、ということを指します。

以前のバランスは、意図しない効果値の風水魔法で生じたバランスですので、
風水士単独でのサポートでその水準までは担保できませんことをご理解ください。

本来の調整は、風水魔法の効果値を引き下げるのみで完結するものでした。

1つ前の回答で説明しましたが、現在主流となっている戦術が
全く歯が立たなくなると困惑する方が多いと判断し、
モンスター側の調整、そして弱体魔法/呪歌の調整を実施しています。
これによって、コンテンツレベルに即したブーストをした編成においては、
しっかりと戦えることを確認しています。

色々工夫すれば倒せるよ!とだけ言えばいいと思うんですけど。

本来なら風水の効果値を下げるだけで終わるつもりだったけど、それだと勝てない連中が多いだろうから他にも色々調整してやったぞ!としか読み取れない後半は必要だったんですかねコレ。

風水魔法の効果値にあわせてほかを強化できないのか?

この対応ができないほどに風水魔法の効果値が高くなるケースがありました。

仮にすべてを引き上げた場合、モンスターからの攻撃性能を引き上げる必要があり、
“絶対にレジストできない状態異常”といった対抗手段のない、
誰からも望まれない効果を付与する必要さえあります。

また、今後のバトルコンテンツのバランスや、装備品のスペックに大きな影響が発生することを考えると、突出しすぎていた部分を馴らし、その差分を他で埋める余地を用意するのが最適だと考えました。

まぁこれは仕方ないですな。そもそも今まで完全にレジ出来ていたのがゲームとしてどうなのかなと思わなくもないですし。

しかし前衛構成が見直されてる昨今、白さんは大変になりそうです。以前のように後衛はそれぞれ状態異常回復担当をする時代がくるのかもしれません。

白さんがヤグルシュを持っていれば変わらないんですけどね。詩人にテルパンダーが追加されたように、ヤグルシュもそろそろユニクロ代替品が実装されてもよさそうな気がせんでもありません。その代わりヤグルシュは2枚消せたりとか。ダメですかね。

そんなカンジの感想です。

誠意を持って説明してくれたと思いたいんですけど、なんだか逆にイラっとした部分もあったりなかったり。今回のVUでキツくなったのは調整予定だよ!とだけ言ってくれれば、それでよかったのかもしれません。

まぁなんにせよ調整予定とのことですし、フォーラムが炎上気味なのもそろそろ鎮火すればいいんですけどねえ。

02/20 |バージョンアップ| Trackback(0) | Comments(0)
関連タグ | 公式フォーラム | 風水士 |
2/16-2
アンバスケードのポイントもずいぶん貯まったので、累計ポイントのマルクィ装束を全部貰ってきました。

マルクィ装束

もぎヴァナまとめによると、
プロパティ「魔攻+」の値は、同じアイテムレベル帯の装備と比べて控えめですが、
プロパティ「魔法ダメージ+」の値が高いため、低位の精霊魔法などを連続して使用する場合などに有効な装備になっています。

プロパティ「精霊魔法の詠唱時間短縮」も付いているので、状況に応じて既存の装備と組みわせて使うのもオススメです。

だそうです。

精霊魔法の詠唱時間短縮なんてものは、着替えでどうでもなるのでDOでもEんですけど、魔法ダメージ+は気になります。

黒で参加時にはMBはもちろん、手が空いてるときはII系をシコシコ撃つことも多いんですよね。なので新装備がそれなりに使えるようなら使わざるを得ません。

とはいえそこそこのオグメを付けたマーリン装束が、II系とはいえマルクィ装束に負けるとは思えないんですよね。魔攻こそパワーです。

っていうか、ぶっちゃけるとアレです。II系用に5つも装備を持ち歩くとなれば、ずいぶん鞄の空きが減っちゃうんですよね。頼む!ウンコ性能であってくれ!っていうのが本音だったりします。

ってことで、とりあえずフルマルクィ装束と今の精霊装備で簡単に比較してきました。

今の精霊装備がコレ。

マーリンオグメ

的になるのはエヌティエルのHPの近くにいる白いミミズみたいなアレです。

上がマーリンその他。下がマルクィです。

マーリン マルクィ 比較

…よっしゃ!マーリンのが強い!

どうやらマルクィ装束はモグの預り帳行きのようです。鞄の平和は守られました。

もしかしたら敵によっては、INT差やらなんやかんやで逆転する可能性もあるんですかね?仮にそうであったとしても、もう見なかったことにして封印しましょう。そうしましょう。

足は被ダメMP変換がキラリと光るので、そのうち引っ張り出してくることもあるかもしれません。

02/19 |アンバスケード| Trackback(0) | Comments(0)
関連タグ | 黒魔道士 | 装備 |
2/16
公式フォーラムに今月のもぎヴァナのまとめが載ってましたな。

んで風水魔法についても再びコメントがありました。
・以下の魔法の効果値の引き下げ
インデフォーカス/インデアトゥーン/インデヴェックス/インデランゴール/
ジオフォーカス/ジオアトゥーン/ジオヴェックス/ジオランゴール

上記風水魔法を使用した際の魔命/魔回避の上昇量などについて、
設定されていた数値の計算式上の役割が想定していたものと異なっていたため、
想定よりはるかに大きい効果値となっていました。

他ジョブのパフォーマンスを引き上げてバランスを取ると、
装備品などのブーストが無価値になるほどでしたので、
突出してしまっていた風水魔法を正しい数値に引き下げる調整を実施します。

装備品のブーストが無価値になるほどの効果はよくない。これは分かります。僕も魔命とか上げてもどうせフォーカスランゴ次第だしなぁとか思ってましたしね。
また、本調整にあわせて、モンスターの魔法回避/戦闘・魔法スキルを大きく引き下げる調整も行います。
基本的にレベルが高いモンスターほど引き下げられる値は高くなります。

最終的なバランスとして、上記の風水魔法をモンスターに使用した際のパフォーマンスは下がりますが、モンスターのステータス/スキルの差分と、他のバフ/デバフとの併用で「勝負にならない!」ということはないバランスになっています。

問題はこの調整がうまくいったのかどうかなんですよね。成功したのか失敗しているのかについてはフォーラムなんかで大変活発に意見が交わされてるようです…炎上とも言えなくもないですが。

まぁ今までのフォーカスしとけば魔命は大丈夫、ヴェックスしとけば状態異常はレジ。ってのは装備の集め甲斐もないですし、戦闘も単純になりがちでどうかなあと思うんですけど、その状態が長すぎたのが問題なんですよね。すっかりぬるま湯に慣れてしまった感があります。

なにより一番心配していたのは、今までと随分状況が変わったので、開発側でも意図しない調整になってしまったのではないかってことなんですけど、今回のコメントを見る限りそうでもないみたいですし、それなら今後は現状に即した装備や構成を考えていくしかありませんな。

まぁこんなに気軽に考えられるのは、まだVU後にイオニックNMと戦ってないからなのかもしれませんけどね。

WOCや醴泉島のCL???なんかはずいぶん大変になったみたいな話は聞きます。戦闘人数が増えるのは正直カンベンしてもらいたいところですな。装備や構成、各自のがんばりでなんとかなるレベルでお願いしたいところです。

02/18 |風水士| Trackback(0) | Comments(0)
関連タグ | 公式フォーラム |
次のページ
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Links
リンクありがとうございます
更新順TOP5
Powered By 画RSS
Links2
FF11のアンテナから
更新順TOP15 Powered By 我RSS
TB_People FFXI
Search
Search this site.